弁護士は会社の設立の際に、必要な存在ですが、ではどういった税理士を選べばいいのでしょう。まずは、税理士はサービス業という認識を持ってください。税理士は、先生と呼ばれる立場の人です。しかし、それ以前にビジネスなのです。顧客に対して横柄な態度や言葉遣いをする税理士はまだまだ多く、そういった税理士にはサービス精神がなく、思ったような働きをしてくれません。税理士を選ぶ際は、まずは顧客目線を持っているかどうかが重要なのです。

次に、対応の早さです。税理士に対する不満として、対応が遅いというものが多くあります。書類の作成や、ちょっとした質問にすぐに対応してくれる税理士が優秀と言えます。これを見抜くには、最初の見積書が上がってくるスピードや、面談日を決める速さで見極めてください。

税理士は、税に関する専門家ですが、経営者にとっていいアドバイザーである必要があります。会社運営に関して、アドバイスできる税理士がそばにいると、会社の運営が誤った方向へ進むことを防げます。現金をどのように運用し、そして財務体質をどのように改善していけばいいのかなど、第三者の目から会社を見ることは、非常に重要なことです。会社の成長は、税理士選びから始まると言っても過言ではないのです。