税理士のメリット

では、会社設立の際、税理士に相談することでどういったメリットがあるのでしょう。具体的に紹介します。まずは月々の帳簿付けなどの煩わしい作業から逃れられます。会社の規模が大きくなくとも、領収書や帳簿の仕訳、記帳など細々とした事務作業は意外と多いものです。こうした煩雑な作業を税理士に委ねることで、時間に余裕が生まれます。その時間を自分や家族にとって、有意義な時間として使えるわけです。

次に大きなメリットとして、資金調達があります。個人事業主が銀行から借入をするのと、税理士が付いている会社が借入を行うのでは、明らかに借りやすさが変わってきます。借入をするには、月次決算書類が必要で、個人であればその作成に手間を取られ、タイムラグが生まれます。しかし税理士に相談することで、そういった書類はすぐに貰えますし、銀行からの信用度も高いのです。

税理士は正しい納税を行う手ほどきをしてくれる存在ですが、それは結局、節税に繋がっていきます。手取りを増やすには売上を上げることも重要ですが、節税も大きく関係してくるのです。税理士に相談するメリットとしては、こういったものがあります。会社を長く続けていくため、所得を増やすためにも税理士は必要なのです。