会社法が改正され、会社設立が改正前と比べ、簡単にできるようになりました。その手続きは、もちろん自分自身でもできるのですが、知識が乏しい中の作業となりますから、どうしても時間と労力がかかってしまいます。そのため、会社設立にあたっては、まずは税理士に相談することをお勧めします。このサイトは税理士への会社設立相談について説明します。

会社設立は、書類の作成や手続きなどに追われ、今自分が何をしているのか分からなくなるほどです。このように役所に言われたまま、東奔西走に明け暮れていては、書類の不備や手続きの漏れが出てくるのは当たり前です。そういったことにならないように、税理士に相談しましょう。税理士に相談することで、様々な手続きはスムーズに運び、安心して会社設立へ向かうことができるのです。また、会社設立後も記帳や決算書類など煩わしい事務作業があります。税理士に相談することで、会社設立後もこういった煩雑な作業を受けてくれることにもなります。

ただし、税理士の中には旧態依然とした横柄な態度を取る人が未だに多く残っています。そういった税理士に当たらないよう、税理士選びには気を遣ってください。税理士はサービス業の一面があります。まずは、顧客目線を持つ税理士を選びましょう。そして、とにかくレスポンスの早さが重要です。税理士は会社設立時に相談に乗ってくれるだけでなく、設立後もよきパートナーとして、重要な存在です。後々のことを考えながら、会社設立の相談をしてみてください。